2018年06月21日

もっと子供がほしい

ベネッセが調査したところによりますと、乳幼児の子供を持つ親の
意見として、もっと子供がほしい、というのが本音のようです。

およそ7割の親が子供の数を増やしたいと考えているようでして、
親の性別にはさほどの差はなかったという。



しかしながら、断念している理由として、真っ先に出てくるのはお金
のことでした。

子供一人を大学卒まで育てる養育費は、何千万円といわれており
ますから、そう簡単に3人以上は産めないという。

しかも、近年では保育所の不足によって、母親が働けない場合が
ありますから、お金の問題は最重要なのでしょう。



とはいえ、本音のところでは何人でも子供がほしいという親たちの
願望は、ひとつの光明ですよね。

あとは政治力によって、お金のかからない育児の実現が期待され
るのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:人口減
posted by 子竜 螢 at 16:17| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

米朝首脳会談に歓喜する韓国に疑問

歴史的な米朝首脳会談から一週間が経過いたしましたが、韓国の
国民の間では文在寅大統領の人気が向上したり、金正恩委員長
への認識が和らいだりしているようですね。

しかし、これで本当にいいのだろうか、という疑問が生じます。



トランプ大統領が北朝鮮の体制保証をしたということは、南北統一
がなくなったに等しいのです。

まさか、北による統一を望んでいるとでもいうのでしょうか。それは
文大統領の望みではありますけどね。



北朝鮮という軍事国家の存在が、韓国にて徴兵制度を存続させて
いる原因ですし、徴兵制度が国家財政と経済を圧迫している事実
があるのです。

まして、20歳からの貴重な2年間を軍隊で過ごしますと、少なから
ず結婚年齢にも影響があるでしょうし、学業やスポーツなどを一時
中断しなければならない損失は、目には見えないものの巨大なも
のなのです。



なぜ韓国の国民が会談の結果に満足したのかといえば、戦争が
回避されたという一点でしかありません。

しかし、戦争の回避は一時的なものでしかなく、最終的には核を
手放さない北朝鮮には、軍事制裁しかなくなるでしょう。

一度核を保有した国が破棄した例などありませんし、やめたら死
が待っていたという前例があるのですからね。

韓国は、日本をいつまでも口撃するのではなく、もっと真剣に北と
向き合ったらどうなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:16| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

日本がコロンビアに勝利

このところ、児童の虐待やら新幹線での殺人やら、地震も含め
て暗いニュースばかりでした。

ところが、サッカーの日本代表が、ワールドカップのコロンビア
戦に勝利。勝ち点3を挙げました。



ワールドカップでは、南米勢に一度も勝利していなかっただけ
に、今日の勝利には格別なものがあります。

そして、事前強化試合ではあまりパッとしなかったこともあって、
緒戦の勝利には日本の国全体が沸いたことでしょう。



これで、決勝トーナメントへの進出も見えてきました。

この勢いで、全勝を目指して頑張ってほしいものですね。前回
大会では一勝もできませんでしたから、今回は奮起です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

またも大型地震

災害は忘れた頃にやってくる、なんて言われておりますが、まだ
記憶に新しい地震は数多く、北大阪の地震は、あらためて日本
が地震列島であることを知らされました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。



これだけ大きな地震が数年後とにありますと、50を超える原発
を抱えていて大丈夫なのかと心配になります。

先日、福島県にある原発のすべてを廃炉にする決定が下され
ましたが、その費用は22兆円だとか。

つまり、いつか寿命の来る発電所の廃棄や建て替えの費用も
考えますと、原子力発電というのは決して安くはないのです。

22兆円を誰が負担するかはともかくとして、電気料金に上乗せ
されるのは確実でしょう。

つまり、最終的に負担させられるのは国民だということです。



地震には津波を伴う場合があります。

我が家の防災状況は完璧ではありませんが、ペットボトルには
常に水を用意しておりまして、ビスケット類などの日持ちする食
料もいくらか常備しております。

100円ライターと乾電池も必須ですね。

お宅は大丈夫でしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

父の日

父の日です。母の日に遅れること一ヶ月なのですが、やっぱり女性
優遇社会なのでしょうかね。

そういえば、女という漢字は小2で習い、男は小3だとか。



ずっと以前から、離婚が社会的に恥ずかしいことではなくなっている
のですから、なぜ親の日として一緒にできないのかと思ったりします。

まあ、商戦としては別々のほうがいいのでしょうけれど、片親の子供
にしてみますと、いないほうの親の日は辛いでしょう。

ついでに、小学校では男女を対にして漢字を教えましょうよ。



高齢になりますと、両親とも他界している人は少なくありません。

介護はそれなりに辛いものでしたが、今にして思うと、もっとも親と
向き合えた時期でもありました。

その頃がとても懐かしく、思い出されますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする