2018年09月21日

憲法改正へ

自民党の総裁選挙が終わりまして、安倍政権が3年続くこ
とになりましたが、最長でも3年という意味でして、来年
の参議院選挙の結果次第では途中退陣もあり得ます。

なので、今のうちに憲法改正をやってしまおうという機
運が急速に高まりそうな気がします。



憲法改正に必要な国会議員票には問題はありません。

ただ、国民が本当に憲法の改正を望んでいるのかといえ
ば、多分ノーでしょうね。

なぜなら、たとえば曖昧な立場である自衛隊でも、現状
のままでとくに問題を感じませんし、感じている国民は
ほとんどいないと思われるからです。

自衛隊を明記しようがしまいが、現状では濃く身のほと
んどが災害時には頼りにするでしょうし、外国からの侵
略行為に対抗してくれるものと信じているのです。



で、万一国民投票で否決された場合、自衛隊の立場は急
に危うくなるでしょう。

自衛隊の明記を否決されたなら、自衛隊の存在を否決さ
れたも同然になりますからね。

だから、改憲するなら、思い切って第9条の削除がいい。

憲法に軍隊の存在をわざわざ明記している国が少ないの
は、主権を貫く上で当然の存在だからでして、侵略軍と
戦うのも当然なのですから、第9条そのものが不要なの
です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:26| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

安倍三選

国会議員の過半数を占めている自民党の総裁選挙は、事実
上の首相を選ぶ選挙です。

本日行なわれた党員と国会議員による投票で、安倍総理が
三選を果たしましたが、石破氏の善戦が光った選挙でもあ
りました。



安倍氏が全体の3分の2を、石破氏が3分の1を得票したとい
う結果には、市場も敏感に反応したようですね。

いや、党員と地方の票からしますと、党中央の意識と地方
の意識とが必ずしも一致していないことを物語っています。



とはいえ、安倍三選は実施前からわかりきっていたことで
もありますので、問題は今からの三年間と三年後です。

沖縄県知事選挙、来春の統一地方選挙、陛下の退位、消費
増税、などなど、安倍総理の責任を問われかねない事項が
連なっております。

これからが大変ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:49| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

国語力を伸ばすには

お盆に甥っ子の家へ遊びに行ったとき、甥っ子から娘の
国語力をアップする方法を尋ねられました。

そのときには読書がもっとも効果的などと答えたのです
が、読書だけでは国語力は身に付きません。



国語力とは、相手の話の内容を正しく把握して理解する
能力と、こちらのメッセージが正しい意味で相手に理解
される能力の総合です。

読書は有力な方法ではありますが、こちらの意図を相手
に伝える能力は養えませんよね。

むしろ、こちらの意図を正確に伝えることのほうが難し
く、友好な勉強法は世に広まっておりません。



最近、語彙に関する書籍が人気のようです。意図を正確
に伝える手段として有効ですからね。

とはいえ、滅多に使わない語彙ですと覚えられないまま
でしょうから、積極的に使用しなければなりません。

その方法として、小説を書いてみるのがもっとも優れた
勉強法だと思います。

読書が大好きな人でも、書くとなると結構苦戦します。

なぜなら、相手からこちらへの一方的な伝達能力だけが
鍛えられているからですね。



小説真書き方がわからない人は、是非、下記のマニュア
ルを参照していただきたいと思います。

入門者からプロまで、幅広く奥深く解説しておりますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 15:49| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

香水は自己チューなのか

飲食店での喫煙が、副流煙の問題だけでなく匂いについて
も嫌悪されていることから、今度は香水についても議論が
起きております。

SNSである人が「香水は自己チュー」と発言したことから
炎上気味になっているらしい。



たしかに、飲食店で自分の近くに強い香りをプンプン撒き
散らす人がいたなら、匂いの良し悪しに関係なく、料理の
香りが消し飛んでしまいますよね。

いや、万人が好む匂いというものはありませんから、香水
の使用を自己チューと言いたい気持ちはよくわかります。



元々、香水というものは体臭を誤魔化すために開発された
ものでして、毎日入浴している現代人には必要ないかもし
れません。

香水ではなく消臭剤のようなものが普及したなら、いいの
でしょうね。

ネット上で実施されているいろんなアンケートでは、他人
の香水に不快感を感じた人は25パーセントほどです。

でも、タバコは臭いと敬遠しているマダムが強い香水を付
けていたりすれば、愛煙家はきっと猛烈に攻撃することで
しょう。

それは完全なる自己チューですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 15:01| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

日本の潜水艦に焦った中国

海上自衛隊の潜水艦「くろしお」が、南シナ海で訓練を
行ないました。中国が勝手に境界としている九段線の内
側でです。

訓練には護衛艦「かが」「いなづま」「すずつき」も参
加しまして、護衛艦側は対潜ヘリなども使用しての潜水
艦探し、潜水艦側は探知されずに護衛艦隊への接近を試
みる訓練でした。



わざわざ南シナ海で訓練を行なったのは、南シナ海にて
埋め立て軍事施設を拡大しつづける中国への牽制である
ことは明確です。

訓練終了後にはベトナムのカムラン湾に寄港しておりま
して、日越の友好ぶりを見せ付けると同時に中国への牽
制でした。



が、海自が訓練の事実を公開して後に中国側から抗議が
あったということで、やはり中国海軍には対潜能力が大
きく欠如しているようですね。

中国の潜水艦といえば、潜航中でも音がうるさくて、三
流の海軍でも容易に発見できます。

しかし、日本の潜水艦技術は第二次世界大戦当時から世
界のトップ水準であり、用法を間違えたためにあまり活
躍できなかっただけなのです。

だから、南シナ海へ先に侵入していた「くろしお」を発
見できなかった中国は、さぞかし焦っただろうと思いま
す。



ともあれ、南シナ海は日本にとって重要なシーレーンで
すので、中国の領海だと認めるわけにはいきません。

まして、国際的にも島だと認められていない場所に軍事
施設を建設して勝手に領有宣言をしている行為には、今
回のような脅しは有効でしょう。

なぜなら、人口島の軍事施設にいる中国軍への補給が、
日本の潜水艦によって脅かされているという現実を知ら
しめることになるからです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする