2018年01月18日

新元号が秘密にされる理由

来年の4月から使用されることになる新元号ですが、決
定と発表には最大限の秘匿性を要します。

なぜかといえば、中国などがいち早く山ほどの商標登録
をするかもしれないからですね。



元号が利用されるものには、企業名などがありますよね。
商品名にも一部が使用されたりしますので、他国が商標
登録してしまうと、ややこしい問題となります。

それでなくとも、コピー商品やパクリが横行している隣
国さんたちですので、選定過程は極秘に、発表は直前で
なくてはなりません。



元号は不要との意見もあるでしょうけれど、時代を言い
表すにはこれほど便利なものはありません。

現在時点だけのことを考えると西暦だけでいいのですが、
いずれ過去となったとき、元号は歴史の一部になります。

我々は、自分が生きている時代のことだけを考えてはな
りません。後世にまで財産として残す考えを持つべきで
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:元号
posted by 子竜 螢 at 14:15| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

民進党が再分裂か

民進党が再分裂の機器に瀕しております。

いや、国民にとっては右派と左派とが混在していたこれま
でこそが異常だったわけですが、またもや老害と思われる
意見によって、野党の再編が頓挫した格好ですね。



両院議員総会を開いて希望の党との統一会派結成を論議し
た結果、岡田元代表らの無所属立候補組が、猛反対したと
いいます。

理由は、枝野氏の立憲民主党も含めた統一会派でなくては
ならないとのことでして、つまり、かつての民主党の栄光
のみを復活祈願しているようです。

しかし、民主党の復活は誰も望んでおりません。むしろ、
右派は希望へ、左派は立民へ移ってくれるほうがわかりや
すいと考えているでしょう。



とはいえ、希望も立民も民進も、支持率はどれもひと桁で
すので、どのような政局図になろうとも、さほどの変化と
は受け取れないでしょうね。

前述しましたように、右派と左派とがきっちり別れたほう
が支持率はやや上がるかもしれません。

消滅寸前と言われている社民党も含めて、国民の支持を得
るには、いつまでもモリカケじゃないところを見せてほし
いものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:民進党
posted by 子竜 螢 at 21:48| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

仮想通貨の購入を勧める人たち

仮想通貨を買うよう勧めてくる人たちがいます。そういう
メールが山ほど届きます。

当初から参画していた人は、100倍の値になったとか、一
億円の利益を得たとか、そういう話をしますよね。



すでに保有している人にとっては、つぎつぎと買い手が現
われることで、さらなる値上がりを期待できます。

しかし、相場であるからには、どこかに必ず天井値という
ものが存在するはずでして、後発で参画するには損を覚悟
の上でなくてはなりません。



そして、もっとも恐いのは、金融庁などによる規制や管理
でしょう。一気に暴落する可能性があるのです。

この場合、暴落してからは値が戻りにくいので、売ってし
まうタイミングが重要でしょう。

また、仮想通貨の運営元の破綻も考慮しておかなくてはな
りません。

現在のところでは何の保護もありませんから、丸損する可
能性すらあります。

あくまでも投機なのですから、流行に惑わされないよう、
ご自分の意思で判断しましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

やっぱり暗殺未遂事件だった

中国の習近平国家首席が緊急入院した事件は、その後、暗
殺未遂によるものと判明いたしました。

301病院に緊急入院して、今では退院しているそうですが、
極度の緊張から胃痛を起こしたようです。



人民大会堂での会合を終えて車に乗ろうとしたとき、会堂
に仕掛けられていた爆発物が起動しました。

習氏には直接の被害はなかったのですが、暗殺未遂事件は
今回で9度にもなるため、精神的なショックは相当なものだ
と思われます。

しかも、爆発物は軍用のものであり、一般人の出入りがで
きない会堂での事件だっただけに、軍部による犯行との説
が浮上してきました。



いやいや、国民全体からすると僅かな人数の共産党が支配
している現状こそが異常ですし、虐げられているチベット
やウイグルなどの民族もいます。

また、膨張政策の犠牲になっている近隣諸国などに加えて
共産党の中も大きく3つの派閥に分かれているのです。

その中でも、洪沢民元首席の上海閥は、北朝鮮に何かと支
援してきた勢力で、習政権が北朝鮮への制裁に協力したこ
とで、起きた事件かもしれません。

こうした国内状況からしても、他国と本気の戦争なんて、
まだまだ考えられない中国です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:習近平
posted by 子竜 螢 at 23:37| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ソーシャルゲームから学んだこと

二年ほど前からパソコンでソーシャルゲームをやって
おりますが、その中で、いろいろ気付かされたことが
あります。

ただの遊びだと考えてやっておりますと、寄ってたかっ
て潰されてしまうという怖い世界なのです。



中世の頃のような自分の城を持ち、発展させていくゲー
ムなのですが、兵士を雇って他の人を攻撃してもいい。

それだけに、レベルが低いうちは、なかなか思うように
勝てませんね。

質の高い司令官や武具が揃えるには、課金するしかない
ようになっています。

しかし、長年やっていれば課金しなくとも最高レベルへ
の到達は可能でして、その間をいかに生き残るか、が課
題となります。



ソーシャルゲームの世界にはいろんな人が参加していま
して、リアル世界での鬱憤をゲームで晴らそうと、やた
らに攻撃を仕掛けてきたりします。

また、ゲームだからと甘く考えて、無闇に攻撃しますと
相手の仲間から総攻撃を受けたりもします。

で、ゲーム内ではどういうことが起きているかといいま
すと、最高レベルに達した人同士は争わなくて、レベル
の低い人をターゲットにしてポイントを稼いでいます。

それって、もしかすると、世界情勢に似ていますよね。



今の中国のように、やりたい放題の人もいますし、正義
感が強くて弱い者の味方をする人もいます。

さらには、北朝鮮のように、大国に対抗しようと、毎月
10万円くらい課金して、一気にレベルアップする人さえ
もいるとか。



とにかく、世界情勢の縮図であり、国内での貧富の差の
縮図でもあるわけです。

課金できる人はより強くなり、出来ない人は資源などを
常に奪われます。

やめようかと思ったことは何度かありますが、無課金で
どこまでやれるものか、と諦めたくない気持ちもありま
すね。

幸い、子竜が主催している同盟には30名ほど加入してい
ただいておりまして、同盟のランキングも50位以内にな
りました。

少し、面白くなってきたところです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:14| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする