2011年03月02日

救済策は必要ない

サラリーマンの妻で専業主婦だった人が
夫の転職で国民年金への切り替えをしな
かったための未年金救済策ですが。。。

2年分を納めた人に満額給付するという
救済策が凍結されましたね。当然といえば
当然ですが。。。


年金で一番の問題は、支給を受けるのに
25年間もの加入期間が必要なこと。

なぜ25年間?

世代間の順送り方式にしているから長期間
の納付が必要になり、世代間で需給の格差
が生じます。


年金の一元化問題も含めて、現在の年金
制度をどこかでストップし、加入期間に
応じて加入者へ返還しましょう。

その上で、自己掛け金制の年金をスタート
してはどうでしょうか。

加入期間の長短にかかわらず、掛け金の
分だけもらえるという方式です。

まあ、生保会社の個人年金のようなものです
が、国が保証する個人年金でしたら安心です。


もっとも、公的年金は掛けなくても個人年金
を掛けている人はいるようですが。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 21:59| Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。