2011年04月08日

南米選手権へ参加してほしい

7月にアルゼンチンで行なわれるサッカー
のコバ・アメリカン大会には、アジア杯で
優勝した日本代表が招かれています。

しかし、小倉会長は震災によってJリーグ
との日程調整がつかなくなったため、出場
を辞退したという。

アルゼンチン側から再考するよう求められ
15日に返答すると小倉会長は解答した。



以上の経緯には、根底に流れる自粛ムード
があったのではないでしょうか。

自国の日程などいかようにも変更できる
のですから、せっかくの大舞台を経験する
機会に辞退する意味がわかりませんね。



当ブログでは何度も述べていますが、
被災地以外の行事やお祭などのイベントを
自粛しても、得るものは何もないのです。

日本全体の経済が沈滞すれば、かえって
復興の妨げとなります。

20兆円ともいわれている復興のための
資金を税収で補うには、震災以前にも
増した経済活動が必要なのです。



こんなときに野球なんてやってられない。

プロ野球の選手会が震災直後に出した
正式コメントですが、彼らにとって野球は
遊びやレクリェーションだったのでしょうか。

仕事なのです。しかも誰よりも高額の報酬
をいただいている仕事なのですよ。

同じ仕事として、被災地で救援活動をしている
警察や消防や医療関係者の人たちは、仕事以上
に奉仕の精神を発揮して頑張っているのです。



プロのスポーツ選手や団体は、自粛すべき
対象ではないのです。サッカーの日本代表は
アルゼンチンにて最高のプレーを見せて
ください。



こんなときに小説なんて書いていられるか。

原稿の締め切りに追われたとき、口実として
使わせてもらうとしましょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:47| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。