2011年04月15日

日本の心和の心

被災した日本を外国人はどう見ているのでしょうか?

以下は、子竜の知人である日本在住のアメリカ人と
中国人から聞いた話です。



アメリカ人の彼は、

大きな余震が続き放射能被害もある地域なのに
他へ移転しようとしないのは、日本人独自の
郷土愛なのでしょう。

アメリカ人だったらとっくに逃げ出しているので、
見習うべき点かもしれませんね。



中国人の彼女は、

あれだけの震災があったら、ドサクサに紛れて
悪事を働く者が横行しそうなものなのに、秩序
を保ち続けた日本という国は素晴らしい。

自衛隊が出動すると聞いたときには、てっきり
治安維持のためかと思いましたよ。



以上が、震災日本に対する外国人の率直な感想
なのですが、いずれも日本人を見直したという
意見でした。

というよりも、被災地東北地方の人々を絶賛
しているのです。



降り止まない雨はない。

雨の後にはきれいな虹が出る。



いつの日か、被災地が震災以前にも増して
繁栄する日が必ず来ることを信じましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:東日本大震災
posted by 子竜 螢 at 13:01| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。