2011年05月11日

一時帰宅に誓約書?

震災からちょうど二ヶ月になります。

福島第一原子力発電所から20キロ圏内にある
川内村では、2時間に限った一時帰宅が実施
されたようですが、避難住民からは不満も。



不満の内容は

たった2時間では大切なもの全部を持ち出せない、
などが多かったようですが、国に対して誓約書を
書かされたのには戸惑いの声がありました。



そもそも、自分の家へ帰るのに誓約書を書かせる
のは、責任逃れでしかありません。あくまでも
自己責任での帰宅という形を採って、被爆による
賠償には応じないというスタンスには疑問を感じ
ましたね。

そういうことも含めて、東京電力と国は補償しな
くてはならないと思いますよ。自宅で暮らす権利
を奪っているのですからね。



このあたりに、地震による天災なのだから、という意識が
国にも東京電力にも見え隠れしていると思うのです。

いいえ、今回の事故は人災です。

過去に何度も大きな津波が来ている地域なのに、非常用
の電源を地下室に作った設計ミスですし、電源が失われた
場合の対処方法など少しも考えられてはいませんでした。



なぜ避難住民の神経を逆撫でするようなことを求める
のかはわかりませんが、ひとつだけ言えることは、
全国の発電と送電のシステムを、代替エネルギーも
含めて根本から考える必要性です。

そして、原発にからむ利権という面も問題視しない
といけないでしょう。



ともあれ、使用済みの燃料を処理する施設もないまま
スタートしてしまった原子力発電です。

見直すいい機会として、推進派も反対派も感情論に
走ることなく捉えていただきたいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 07:43| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする