2011年05月31日

君が代判決に思うこと

君が代の斉唱時に起立と斉唱をせずに解雇された
元教員が訴えていた裁判で、最高裁は合憲との
判断を示し、元教員の敗訴が確定しました。



日の丸と君が代については過日に述べましたので
割愛しますが、子竜が思うに、この元教員は個人の
思想と公での職務命令を混同したところが問題でした。

個人宅で祝祭日に日の丸を掲げるか否かは自由です。
しかし、職場で職務命令に従わないのは解雇の対象
となっても不思議ではありません。

職務命令は思想まで変更するよう求めていないの
ですから、単に公私混同であったのだと思います。



通常、自分の意思に合わない職務命令をされる会社
からは退職するものでしょう。その会社の方針で
ある以上は、職務命令に従うか退職するかのどちらか
だと思いませんか。

元教員は社長ではなく職務命令を受ける立場だった
のですから、会社が間違っているなどと訴訟に及ぶ
こと自体が不可思議な行為です。

日の丸は絶対に掲揚しない。君が代も絶対に斉唱しない。
そんな私学を自分で創立すればいいだけのことでした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html


posted by 子竜 螢 at 16:47| Comment(2) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする