2011年06月06日

原発大国のフランスでも

共同通信によりますと、5日付フランス週刊紙
ジュルナル・デュ・ディマンシュが原子力発電
についての賛否をアンケートした結果を伝え
ました。

即時、もしくは段階的な廃止を求める声が回答者
の77%もいたそうなのです。



これは、明らかに国策として進められてきた
フランスとしては意外な調査結果です。

なにしろ、電力需要の8割近くを原子力で
まかなっている国なのですから。。。



福島第一の事故が大きな影響を与えていることは
言うまでもありません。が、どこの国民でも安全性
については懐疑的で、政府や専門家の安全宣言を
丸呑みにするしかなかったのではないでしょうか。

それに加えて利権が絡み、電力会社も事故を隠そう
とする体質に変わってゆく。。。



事故からやがて三ヶ月です。

三ヶ月も経てば少しは前途に明るいものが見えてきても
よさそうなものですが、翌日には早くもメルトダウン
の兆候があったデータが公開されないままとなっていた
事実が発覚したり。。。

段々と悪くなる一方ですね。

解決の目途が一向に見えてきません。



もちろん、脱原発は急には無理です。電力不足は文明の
退化を意味しますし廃炉にするにしても長い年月と莫大
な費用が必要でしょう。

しかし、太陽光エネルギーなどを一笑に付さないで
真剣にコストダウンや効率アップを求めてゆけば、
必ず実用的なところまで行くと信じたいのです。



よく原発と再生可能エネルギーとのコスト面での比較
が論じられますが、たしかに、発電そのもののコスト
だけで言えば原発ほど安いものはありません。

ですが、研究開発に要した費用や安全面でのメンテナンス
費用なども含め、さらには今回のような無限とも思える
補償額などの引当金も加えると、絶対に割の合わない
発電なのは明白です。



政局は今なお流動的なようですが、2次補正予算の中に
ぜひとも再生可能エネルギーの開発費用を大きく盛り込んで
いただきたいと思います。

子供や孫たちの世代に負の遺産を残すのはやめましょう。



posted by 子竜 螢 at 10:57| Comment(2) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする