2011年07月06日

またも政治茶番

あまりに馬鹿馬鹿しいので記事にしないつもり
でしたが、わずか9日で辞任した松本龍復興大臣
に別の意図があったとすれば、書かなくては
いけませんね。



国と地方の関係は作業分担をする関係で、国が
上ではあるものの、協力し合わないことには
何も始まりません。

上から目線の叱責やマスコミへの恫喝発言に
批判が集まるのは当然でしょうね。



しかし。。。

松本氏は菅首相からの復興大臣就任要請を3度
断っています。4度目に渋々承諾したのですが
松本氏も菅首相の早期退陣を願っている一人
だったとしたなら、今回の行動はすべて辻褄
が合ってきます。

菅首相の下で働きたくない、という気持ちが
強かったなら、被災地へ行ってもまともに
知事さんたちと打ち合わせる気にはなれない
でしょう。



とはいえ、擁護すべき点はまったくありません。

被災地をネタにした政治茶番に変わりがない
からです。



元々、政治には過度な期待などしていませんでしたが、
過日の内閣不信任案の議決や今回の事件など、政局
ばかりで、被災地のことを本気で考えている国会議員
はいるのでしょうかね。

どういう理由にせよ、引き受けたからには、ちゃんと
やるのが政治家ってものでしょう。

もしも江戸時代であれば、切腹と御家断絶ものですよ。



しばらく停止していた国会審議も、またこの問題ばかり
を取り上げるのでしょうね。だとしたなら、自民党が
再び政権を取り戻すのは永久にないかもしれません。

今話し合うべきは、復興に向けたビジョンの確立では
ないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




posted by 子竜 螢 at 07:58| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする