2011年07月29日

イク爺と孫のいる風景

結婚を機に両親と別居する若い世代が増えて
おりますが、それが少子化につながっている
とは誰も考えていないらしい。

仕事と家事と育児を、奥さんの側がこなせる
わけがありません。

家事を夫に分担してもらったとしても、まだまだ
ハードワークでしょう。

しかも、別居すればそれなりに経費もかかります。
家賃や光熱費など、同居であれば必要のない出費
が、子供を産み育てる意欲をなくしてゆきます。



高度成長時代の頃まで、結婚しても同居が当たり前
でした。嫁姑問題はありましたが、安心して子育て
できた環境でしたね。

その他の経済面においても、若い世代の収入をすべて
貯蓄にまわせたほどの裕福さがありました。



なぜ、別居しようとするのでしょうね。

わざわざ辛い人生を選択しなくてもよさそうなもの
ではないですか。

近頃では、嫁姑問題も姑のほうが遠慮しているほど
なのですから、別居する最大の理由には当たりません。

なので、わざわざ別居している夫婦に子供手当て
など支給しなくてもいいと思うのですが。。。



一方で、両親と同居している家族では、最近、イク爺
が増えているとか。

イクメンならぬ育児を楽しむお爺ちゃんのことです。

近所の公園へ孫と散歩にお出かけする姿には、ほほ
笑ましいものがあります。イク婆は孫を叱りますが
イク爺はなぜか孫の我侭には寛大なようです。



同居するには、家が狭い。
両親のほうが同居を嫌っている。

などなど、いろんな理由があるでしょう。

けれども、大きな理由がないのであれば、好き好んで
経済的に辛い思いをする必要などありませんよ。



少子化問題解決のキーワードは「イク爺」です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする