2011年08月03日

断固とした抗議を!

自民党の3議員が、韓国の金浦空港で入国拒否
され、引き換えしました。

竹島をめぐる問題には、韓国も相当に神経を
尖らせているようです。



しかし。。。

仮にも近隣国の国会議員たちです。
テロリスト並みの入国拒否扱いとは、どういう
外交姿勢なのでしょうか。

これには、民主党政権といえども、断固として
抗議すべきでしょう。

あるいは、韓国の国会議員の訪日を拒否する
報復手段に訴えなければ、バランスが取れ
ませんね。



韓国にはまだまだ根強い反日感情が残っている
ようです。日本人に人気のある韓流スターや
歌手などでも、祖国では反日の歌を歌ったり
コメントを残していますよね。

ある意味、韓流ばかりを放送しているフジテレビ
がネット上で叩かれている意味がわかるような
気がします。



が、地理的にも一番近く、拉致問題という共通
の外交問題を抱えている国ですので、最も仲良く
しなくてはならないでしょう。

それには、やはり断固とした抗議が必要です。
逆のようですが、礼節のないところに真の友情は
生まれません。

なにかと韓国贔屓な感じのする菅政権ですが、
自民党だけの問題として捉えずに、日本の主権
という立場に立って考えてほしいものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:41| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする