2011年08月14日

ポスト菅は?

菅首相の退陣時期がやや確定傾向となって
国会はお盆休会に入りました。

お盆の間の民主党内駆け引きや、自公勢力の
同行が注目されます。

また、民主党の数人が後継選挙への出馬に
意欲を示しておりますが、菅首相の退陣時期
が確定していない以上、まだ水面下の動き
に近いようです。



マスコミや世間は菅首相の後継者と退陣時期
にばかりを論じていますが、子竜としては、
自民党の谷垣総裁の辞任時期こそ重要なのでは
ないかと思うのです。

なぜなら、現在の民主党の支持率が10%程度
なのに比べて、自民党だって15%程度をやっと
維持しているに過ぎません。

これでは、多くの国民が期待していたアメリカ
並みの二大政党政治はほど遠く、たとえ菅政権
や民主党が転んだところで、じゃあどの政党に
投票すればいいのだ、いうことになってしまい
ますよね。



ちょっとばかり苦言を呈しますと、菅首相が
ここまで粘るのは、自民党がライバル視する
ほどの政党ではなくなったからではないでしょうか。

マニュフェストを大幅に変えない限り、民主党
内での交代では、誰が後継者となってもほぼ同じ
でしょうから、やはり、自民党のトップこそが
カギだと感じます。



まあ、子竜はずっと政治には期待しないスタイル
ですので、あえて他人事のように述べているわけ
ですが、日本という国が良くなることを願って
いないわけではありませんよ。

自民党のトップには、早くアノ人を、と願っている
のです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 03:08| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする