2011年08月19日

大連立の意図

民主党の次期代表選挙が秒読み段階になりました。
それにつれて、さまざまな思惑が乱れ咲きしている
ようですね。

そのうちのひとつが、自民党との大連立です。



大連立は、政権というものの枠組から公明党を
外す意味もありますが、真の狙いがスムーズな
増税なのは言うまでもありません。

両党ともに増税派がいるようでして、反対派との
意見調整が続いています。消費税の増税はいずれ
避けられないものとしても、次期をめぐる意見の
食い違いもあるようです。



ただ、消費税というものは、生まれたばかりの
赤ちゃんも分も増税になりますので、子育て
支援を打ち出している両党のマニュフェストに
矛盾しているとも言えますね。

そこで、消費税の導入とともに廃止されました
物品税に注目しなくてはなりません。



物品税とは、たとえ同じ種類の買い物であった
としても、値段によって贅沢品とみなされる物
に課税する方式です。

1万円のバッグですと実用目的ですが、10万円
以上もするバッグは贅沢品ですよね。

以前よりも所得格差が増大してしまった今からは
物品税の復活こそが合理的な手段だといえない
でしょうか。



たしかに、金額の線引きは難しく、多品目にわたる
ので煩わしいかもしれません。

しかし、明らかに贅沢な品物と庶民御用達のものを
同じ税率にするのは理屈に合いませんし、生活必需
品の消費税は物品税を復活させた上で廃止すべき
でしょう。

生涯で一番高い買い物である住宅だって、敷地の
坪数や建屋の値段に段階を付けることで、庶民が
熱望するマイホームも非課税にできるのです。
何億円もの豪邸には、たくさん税金を払って
もらいましょう。

子竜は、消費税の増税ではなく、物品税の復活
を望みます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 16:42| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。