2011年08月20日

韓流ブームの終焉

フジテレビの韓流偏重が問題になりましたね。
ドラマや音楽などで、視聴者から反発をされ
ました。

これは、竹島の帰属問題などで韓国との摩擦から
生じた感情的な部分であると同時に、なぜ韓流
ばかりなのか、という日本の文化を愛する人たち
からの警告であったのでしょう。



小説家として韓流ドラマを批評させていただき
ますと、ストーリーそのものは単純で、特別に
目新しい部分はありません。

主演俳優に美形を揃えていることとバックに
流れる音楽が日本のドラマにはない新鮮さとし
て映ったと考えられます。

また、K−POPの分野でも、日本のAKBとは
ひと味違った意味でのグループ性を発揮したとこ
ろが、受けたのでしょう。



しかし、ブームというのはいつか去るものです。

また、日本で人気の俳優が自国では反日運動に
参加していたり統一教会の広告塔だったり、と
実態が知られるにつれて、人気を落としている
のも事実です。



日本のテレビ局は韓流をブームにしたほどの
努力を、逆に韓国で日本ブームになるほどまで
に試みたのでしょうか。

相互理解を理由として韓流を採り上げているなら
少なくとも日本の文化も韓国へ輸出する努力を
しなくてはなりません。



このように、一方的な文化の紹介を続けている
限り、フジテレビがネットでつるし上げされる
のは必然ですし、NHKだって危うい立場に
立たされるかもしれません。

できる限りの公平な立場から見ても、韓流という
異常なブームのピークはすでに去り、それがフジ
テレビ問題として噴出したものと受け取るしか
ありませんね。



それにしても、韓流ブームというのは、日本の
オバチャンパワーの凄さを思い知らされた社会
現象でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:韓流
posted by 子竜 螢 at 18:28| Comment(4) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする