2011年08月24日

大連立を叫ぶなんて

民主党の代表選挙に前原氏が立候補表明して
から、増税と大連立を叫ぶ野田氏の影が薄く
なってきました。

増税に関しては数日前に述べましたので、
今回は大連立について語りたいと思います。



そもそも、政党とは何か、といえば、政策を
同じくする者の集団ですよね。

政権を維持するための員数合わせとして連立
内閣を組むというのは、そういう意味でも
すでに無理があるのです。

まったく毛色の違う自公がずっと連立していた
のに違和感を感じていたのは子竜だけでしょうか。



民主党政権も、初期には社民党と連立していました。
が、政策の違いから社民党が離れたのは自然の流れ
というものです。

今回、大連立を大まじめに叫ぶ政治家の存在は、
政党政治を基本とする日本型の民主主義を否定
することになりませんかね。

国民から政治の選択肢を奪ってまでも政権に
しがみつきたいとは、呆れてしまいます。



大連立などしなくても、震災復興に寄与する
まともな政策さえ打ち出せば、満場一致で
可決していたはずではないでしょうか。

子竜は元々政治などに期待してはおりませんが、
ずっと過去に戦争へと導いた大政翼賛会という
例があるだけに、賛成はできません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 09:58| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。