2011年08月29日

アイリーンという名のハリケーン

アイリーンという名のハリケーンが東海岸へ
上陸しまして、ニューヨークだけでも10名
の死者がでたと伝えられています。

日本でも台風で死者が出ることはありますが、
近年のハリケーンは規模が大きくなって、と
ても怖い自然災害といえるでしょう。



ところで、アメリカはなぜハリケーンに女性
の名前を付けるのでしょうかね。

日本の台風だと何号としか表示しませんが、
もしも女性の名前を付けたりすると、気象庁
の前には婦人団体のデモが押し寄せること
間違いなしです。

とくに同じ名前の女性にとっては、被害が
大きいほど嫌な思いをすると思います。

アメリカの場合、誰が名前を決めているので
しょうか。鬼嫁の名前なのですかね。



ハリケーン被災地の方々には謹んでお見舞い
申し上げます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:ハリケーン
posted by 子竜 螢 at 06:02| Comment(2) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする