2011年09月01日

円高でも困らない大企業

9月になっても相変わらずの円高ですね。

ニュースでは、1円上がるごとの大企業の
損失額を伝えていますが、これこそ情報操作の
最たるものではないかと思います。



なぜ大企業は困っていないのか。本当に困って
いるのでしたら、政府はもっと真剣に対応して
いるはずですし、緊迫感が感じられませんよね。

本当は困ってなどいません。むしろ、空前の利益
を計上する可能性すらあるのです。



その理由は、FX。

日本語で正式にいうと、外国為替証拠金取引です。



大企業はその資金力を使ってさまざまな投資を
していのですが、円高になった際に利益が出る
ようFXにも資金を投じています。

つまり、円高に対する保険ですね。

もともとFXは保険の役割なのですから、一般の
投資家も参加できるとはいえ、大資本相手に勝つ
のは至難の業でしょう。



さらに、大企業は円高不況を口実に派遣切りなど
の人件費操作ができますから、来年の春には、
おそらく空前の利益を計上するはずなのです。

病気入院していた人が保険の特約で給料以上の
給付を得るのと似ていませんか。



一方で、下請け企業は円高を口実に工賃を叩かれ
たり運賃を値切られたりしています。

こうして、円高を抑えようと政府と日銀が介入
しても、大企業がこぞって円を買うので安くは
なりませんし、企業間格差も国民の所得格差も
開く一方です。

これを是正するのは大企業と関連の深い自民党
では不可能で、労働団体が支援母体である民主
党にしかできないでしょう。

野田新首相はどこまでやってくれるのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:FX 円高
posted by 子竜 螢 at 09:33| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする