2011年09月05日

戦争映画の今昔

近年、戦争をテーマに描いた作品は少なくなりました。

「硫黄島からの手紙」など優れた作品もあるにはある
のですが、戦争の悲惨さを描こうとする意図が強すぎる
結果、見られなくなったのではないかと思います。



昔の戦争映画といえば、完全な娯楽作品でした。
また、史実に基づいた記録映画的な要素があった
のに、いつから悲惨さのみを追求したのでしょう。

やくざ映画を見たからといってその道へ進む人は
いませんし、推理ドラマを見ても、殺人を犯したり
刑事や探偵になりたいと思う人はほとんどいない
と思います。

戦争の一面でしかない悲惨さのみを扱っては、グロ
な作品になるだけです。ましてや戦争勃発の抑止力
になんてなるはずがありませんよね。



「史上最大の作戦」「遠すぎた橋」など、昔の
戦争映画はさまざまなことを教えてくれました。

ピンチに立たされたときの決断やリーダーシップ
のあり方など、参考になる部分は多かったですね。

今の映画は悲惨さを描くために「個」に焦点を
合わせた構成が多いせいでしょうか、困難から
逃避したりする場面が気になります。



もちろん、戦争そのものを推奨しているのでは
ありませんよ。戦争という極限の世界からしか
学べないことだってあるという話です。

だから子竜は、これからも戦記小説を書き続けます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:戦争映画
posted by 子竜 螢 at 08:17| Comment(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする