2011年09月07日

タバコが700円に!

増税論の野田内閣がスタートしたと思ったら
早くもタバコの値上げ論議が浮上しました。

毎年100円ずつ値上げして、700円にする
というのですから、喫煙が唯一のストレス解消
法である小説家としては無視できない話です。



今回も値上げの理由として、国民の健康、を
アピールしていますが、詭弁であることは明白
ですね。健康に悪いのなら製造も販売も禁止
すればいいだけのことでしょう。

国の医療費負担を抑える効果を期待、などと
謳っているのも矛盾しています。

なぜなら、国民が長生きすることによって年金
が破綻するのです。医療費負担の軽減以上に
国の財政を確実に危うくしませんか。



こういう矛盾がもっともらしく聞こえるのは
嫌煙権というものが定着してきたためで、全員
が禁煙するとタバコを元々吸わない人の地方税
などが増税になることをご存知ないようです。

要するに、タバコは全面禁止にするか、優良
納税者としての地位を与えるか、ふたつにひ
とつでしょう。




取りやすいところから税金を取る、という政策
はサラリーマンの所得税も同様です。

庶民の楽しみを奪う増税よりも贅沢品に課税する
物品税を復活させましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:タバコ 禁煙
posted by 子竜 螢 at 16:22| Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする