2011年09月18日

鬱の人を拉致する

鬱病を治すには、家族や友人の手助けが
必要となります。

また、本人にも治す勇気が絶対に欠かせ
ません。



人間とは不思議な生き物でして、良くも悪くも
現在の状況を変えたがらないのです。

変えることによる利益よりも労力やリスクの
ほうを重視するので、他にも鬱の人がいると
安心して現在の状況のまま居座ろうとする。

「あなたも薬を処方されているんですね」
なんて、変な仲間意識で安心してしまう。

重度になりますと、鬱そのものの研究をして
自分には責任がないなどと慰めて、納得して
しまうからいつまでも現状のままなのです。



鬱の友人がいたなら、拉致しましょう。
遠く離れた街へ行って、携帯とサイフを
没収します。

そして。。。

駅前などの人通りの多い場所で、大声で
歌わせます。歌うまで帰しません。

「ポッポッポー、はとポッポー」

これで友人の欝は完全に退治できました。

なぜなら、自分を大切にするあまり張っていた
バリアーが壊されて鬱になった友人に、バリアー
など必要ないことを教えたからなのです。

むしろ、今まで持っていた理性やプライド
などといったバリアーの残骸を完全に取り
除くことで、友人本体を強くできるのです。



最初は嫌がっていた友人も、少しずつ声を
大きくして、恥ずかしさで顔を真っ赤に
しながらも頑張ってくれました。

歌い終わったとき、まるで憑き物が落ちた
かのような爽やかな表情でしたよ。

その表情と性格は、今も続いています。

鬱の友人がいたなら、仲間を誘って拉致
しましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:鬱病 治療法
posted by 子竜 螢 at 08:38| Comment(4) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。