2011年09月19日

毎日が敬老の日

敬老の日です。

9月15日として固定されていた敬老の日が
ハッピーマンデーになってから久しいですが、
3連休にする意味に疑問を感じております。



言うまでもなく、お年寄りを敬う日ですよね。

これまでずっと社会貢献してこられた方々に
対して、感謝をする日なのですが、3連休に
しますと、老人以外の人がレジャーを楽しむ
ための祝日になってしまいました。



まあ、子竜の精神としましては毎日が敬老の日
ですから、どうでもいい話ではあります。

もうすぐ敬われる立場になる身として言うなら
電車のシルバーシート同様に、廃止したほうが
いいと思います。

そんなものがなくても、老人を敬い席を譲り
ましょう。子竜が20代の頃は、たとえ席が
たくさん空いていても、電車の中では立って
いたものです。



昔、こういう実話がありました。
結構有名になったので、ご存知の方もいらっ
しゃると思います。

ある母親が保育園くらいの子供と一緒に電車
に乗ったとき、母親だけが席に座り、子供には
立たせていたそうです。

「あなたは半額なのだから、立っていなさい」

席がひとつしか空いていないと、多くの母親は
子供を座らせると思います。

この母親の話は当時絶賛されました。まだ少し
の社会貢献すらしていない子供を立たせるのは
当然だと考えたのですね。



最近若者は、年配者を敬わなくなったといわれます。

年配者が最初から年配者だったかのように思って
いるようで、子供だった頃もあれば恋もしたのです。
身体と見た目は老いているでしょうけれど、若者の
何倍も生きてきて、苦労だって何杯もしてきました。

そして、幸せな人生を送るための知恵もその分蓄積
してきました。

さらには、蛇口を捻ると飲める水が出て、学校があり
具合の悪いときには保険証が使える日本を作ってきた
のも年配者と老人たちなのです。

これだけ生活インフラが整っている国は、世界でも
何カ国しかないことを認識しましょう。アメリカで
さえも健康保険制度はないのですよ。



敬老の日とは、そういう利便さに感謝する日でもあり
ます。当たり前になっている生活インフラの充実が
先人たちの努力で整えられてきたことを忘れてはなり
ません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:敬老の日
posted by 子竜 螢 at 07:16| Comment(6) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする