2011年10月20日

中国の動向に異変アリ

中国共産党の総会が開かれました。

詳しい内容は述べませんが、国際的に孤立しつつ
ある現状打開と、一党独裁をいかに維持すべきか
が論議された模様です。



13億もの人口を抱える中国ですが、共産党員は
わずか80万人程度です。

これで一党独裁体制を続けているのですから、陰
での弾圧が相当に厳しいものと推察できます。

そして、一人っ子政策によって、少子高齢化現象は
日本よりも深刻です。老後の社会保障制度がないた
めに、日本よりも早く国民生活の破綻を招くのは、
容易に予想できるでしょう。

事実、人口は減少に転じているのです。近い将来
にはインドが最多人口国になるでしょうね。



また、対外的にも大きな変化がありました。

アメリカ国債の大口受け入れ先であったのに、その
ほとんどが他国へ転売されていることが判明し、ア
メリカとの関係が新たなものへと変化しそうです。

なぜなら、アメリカが中国に対して強攻策に出なかった
理由のひとつが発行国債の受け入れだったのですから、
中国の軍備拡張を、黙認同然にしている必要がアメリカ
にはなくなったわけです。



このように、内外に大きな矛盾と問題を抱えている
中国は、来年に指導者が交代することもあって、目
が離せない国のひとつです。

どの方向へ向かうのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 00:09| Comment(3) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。