2011年10月24日

空から恐怖の大王が

45歳以上の人なら覚えているでしょう。

1999年7月に人類が滅亡すると予言した
フランスのノストラダムスを。



ノストラダムスは450年ほど前の人物で、
数々の予言を的中させたとして世界中に研究
者は多いのですが、1999年が無事に過ぎて
しまったことから、話題にもならなくなりました。

しかし、ドイツの人工衛星が落下してくるという
ニュースに不安を感じた人はおおかったと思います。
まさしく、空から降ってくる恐怖の大王ですね。



ところが、そんな程度では済まない落下物が
2020年に予定されているのです。

それは。。。

日本も参加している国際宇宙ステーション。

主催しているロシアが発表したところによると
2020年ころには廃棄する予定だという。



問題は、そのあとです。

重さが400トンを超えてサッカー場よりも
大きいステーションをうまく笑みへ落下させ
られるものかどうか。

巨大な宇宙ゴミをそのまま放置しておいては
自由落下の危険性が高まるだけに、人工的に
落下させようというのだ。

日本の実験棟もある国際宇宙ステーションで
すが、恐怖の大王という不名誉な結末にだけ
はなってほしくないですよね。

久しぶりに怖い話でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 06:45| Comment(3) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。