2011年10月26日

一票に格差はあるのか?

最高裁が2年前の衆議院選挙を一票の格差に
よる違憲状態との判決を下したため、2年後
のダブル選挙を睨んで各党の思惑が飛び交って
います。

これほど党利党略がむき出しになる議題はあり
ませんね。各党にとっては死活問題なのです
から当然ですが。。。



各党の共通意見として、各都道府県に1名ずつ
振り分けてある議席を撤廃しないことには違憲
状態が続くという点では一致しています。

しかし、地方の代表者という性質が失われる
懸念があり、地方と都市部との格差が広まる
可能性も考えなくてはいけません。



ただ、本質的なことを述べると、一票の格差を
問題視して裁判所へ違憲だと訴えた人は、選挙
結果に不満だっただけのことだと思います。

なぜなら、一票の格差とは票に絶対価値の違いが
あるのではなく、人口の違いが格差があるかの
ような錯覚を生んでいるのです。

本当に今後も格差が生じない選挙制度にするなら
全員が全国区で立候補するしかありません。

人口は常に流動的なものなのですから、あるいは
全員を比例代表にするしかないのです。



でも、そうなると有名人しか当選できませんね。

政治をろくに勉強したこともないタレント議院
の乱立は、ただでさえ厳しさの増す将来に不安
ばかりを残します。



本当に一票の格差なんてあるのでしょうか。

あるのは人口の格差であって、人口の格差を
是正するよう考えないことには解決しない問
題ではないでしょうか。

そして、格差を論じるよりも大切なことは、
誰に一票を投じるかでしょう。

選挙結果に不満のあまり、一票の格差を持ち出し
て選挙の無効を訴えるなんて、他の有権者の意思
を無視する行為に等しいものでもあるのです。

早い話が、一票の格差があろうとなかろうと、
国民のための政治をする人は当選しますし、
私腹を肥やすような議員は次回の占拠で落選
するのです。



憲法で謳った国民に等しい参政権とは、一票の
格差をなくすことではなく、投票の自由を奪う
行為を禁止する意図ではないでしょうか。

あなたはどう思われますか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 03:59| Comment(5) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。