2011年10月27日

ドラフトの功罪

プロ野球ドラフト会議が行なわれました。
新人選手の交渉権を決める会議ですね。

狙った選手を引き当てて喜ぶ監督の陰では
ガッカリしている選手本人も。。。



ドラフト制度は戦力の均衡化を図るために
導入されているのですが、近年は話題に
なった選手の多くをパリーグ球団が交渉権
を獲得しています。

今年も優秀な投手として注目されていた
選手は、やはりパリーグでした。

交流戦やオールスターでパリーグが圧勝して
いる理由がわかります。

戦力の均衡化どころか、ますます格差が生じ
ていると感じているのは子竜だけでしょうか。



プロスポーツの中でドラフト制度を採用している
のは野球だけです。Jリーグにはありません。

なくてもちゃんと成り立っていますし、契約金
が天井知らずになるなんてこともありませんよね。



ドラフト制度と外人枠の撤廃をそろそろ考えま
せんと、本当の意味での戦力均衡化なんてでき
ませんし、球場へ足を運んでくれる観客だって
減る一方です。

ファンは、本物のプレーが見たい、だけなの
ですから、選手は自分の個性に合ったチーム
と入団交渉させるべきでしょう。



ドラフト制度のイメージは、奴隷市場に似ている
と何かの書物に書いてありました。

金持ち連中が集まって、屈強そうな奴隷をセリ
に掛けて奪い合う場面はベン・ハーを思い出し
ますね。

選手は奴隷ではありませんが、たしかに連想
してしまう何かがドラフト会議から感じられ
ます。



すべてが自由契約の下で有望な新人選手が入団
してくれない球団は、選手やファンのことを考え
ていない球団でしょうから、消滅してゆくのが
自然淘汰というものでしょう。

そう感がえますと、ドラフト会議とは、実は
球団の保護のためっていう本質が見えてきま
す。

いつまで続けるつもりなのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:ドラフト会議
posted by 子竜 螢 at 23:07| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする