2011年10月31日

世界人口70億人の恐怖

日本やヨーロッパなどの先進国は少子高齢化
によって人口が減少しつつある一方で、今日
世界人口は70億人に達します。

いうまでもなく発展途上国での人口増大が
理由なのですが、懸念されるのは食料問題
だけではなく、貧富の差の拡大と水資源の
問題へと発展しそうです。



今世紀末には100億人を突破しそうな勢い
で増え続けている世界人口は、とくに食料の
自給の見込みのない地域で増えているのです。

あるいは、先進国へ出稼ぎに行かなくては
食えない国で増えているので、先進国の雇用
面にも多大な影響を及ぼしています。



最大の問題点は、生命の維持に必要な水資源
でしょうか。食物を育てる以外にも工業用と
しての需要が年々高まり、ことにロシアでは
アラル海という大きな湖が世界地図から消え
つつあるのに加えて、オビ川・エニセイ川・
レナ川といった三大河川の水流量が減ったた
めに北極海の氷が激減するという地球規模の
異変にまで発展しているのです。



なぜ途上国は人口の増加を食い止めようとし
ないのでしょうか。

そこには国際的な食糧援助という人道的な
理由から、食えないとわかっていながら産み
続けるという悪循環があると思われます。

食えないから余計に子孫を残して遺伝子の
存続を図るのは、生存本能というものです。



また、ろくな職もない地域で人口が増えますと
貧困層ばかりが増えてしまい、貧困層は食料を
買えないという悪循環も発生します。

国連の会議でこの問題を真剣に討議しないこと
には、地球温暖化だって加速しかねません。

生きているうちは呼吸もするしエネルギーも
使うからです。人口の増加と地球温暖化は
比例しているのではないでしょうか。



神様が人間から闘争本能を奪わなかったのは
戦争や虐殺が必要悪とまでは思いませんが、
人口の過剰を抑えるためではなかったかと
思いたくもなります。

TPPに加盟すればただでさえも自給率の低い
日本の農産物です。これからもずっと輸入
できるという保証はあるのですかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 09:38| Comment(3) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。