2011年11月04日

北朝鮮崩壊?

ロシアには政府機関の中でも最高の権威を有する
ものに「世界経済・国際関係研究所(IMEMO)」
があります。

最近ですが、IMEMOの報告書の中で、北朝鮮
に関する記述があり、韓国の李明博大統領も入手
したとされている内容が伝わってきました。



報告書では、北朝鮮が現在の体制を維持できるのは
2020年頃までとしていて、経済的には韓国の保護
下に置かれ、国連の管理のもとに統一に向けた臨時
の政府が置かれるであろうと推測しています。

これは、後継者とされている金正恩氏の統率力が
それほど発揮でないことを意味していて、派閥
争いのために国内が混乱するであろうと予測して
いるのです。

北朝鮮と親密な関係にあるロシアの分析だけに
興味深い内容なのですが、朝鮮日報が報じている
だけで、日本へは詳細が伝わっておりません。



ただ、北朝鮮の崩壊は手放しで喜べるものではなく
統一後のインフラ整備と失業者対策では、日本も
被害者になる可能性があるのです。

500万人ともいわれる人民軍兵士の雇用先は
韓国だけでは賄えませんから、安い労働力として
日本へも流れてくるでしょう。それを斡旋するのが
総連ですね。



北朝鮮と親密な菅家無為にあるロシアの情報は確か
でしょうから、日本も今のうちから対策を練って
おかなくては、大量の失業者が出かねません。

素晴らしい首相の登場が望まれるところです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮 統一
posted by 子竜 螢 at 11:02| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。