2011年11月05日

国民無視の国際公約

消費税の値上げには必ずしも反対ではない
のですが、ろくな国内論議もされないうち
に国際公約として発表するのは、問題です。

カナダで行なわれたG20の初日に、野田
首相は段階的な10%への値上げを国際公約
として発表しました。



こういう不用意な発言が、円高を招いている
ことを知らないのでしょうかね。

日本の財政の健全さを訴えれば訴えるほど
円の価値は上がってしまうのです。

しかも、党のマニュフェストで4年間は上げ
ないと言っていたのに、国際公約ですよ。



消費税の値上げ法案が成立したなら、衆議院
を解散するらしいのですが、成立前に国民の
信を問うべきではないでしょうか。

ずっと以前から菅氏を降ろすともっと悪くなる
って予言してきましたけど、国家財政のこと
しか頭にないトップは最悪ですね。

それこそ、社会主義的な発想であって、働いても
働いても税金に取られるなんて、どこかの国を
モデルにしているのでしょうか。



公務員宿舎の件でも明らかなように、行政改革
もしないで消費税の値上げなんて、論外です。

何のために事業仕分けをやったのか、わかって
いないとは情けないですね。

早く解散総選挙をやりましょうよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 22:45| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。