2011年11月09日

バブルが弾けた中国

10日前ほどに、バブル崩壊の前兆らしき現象
が見られると警告したのですが、昨日発表された
数字もそれを裏付けています。

大都市での新築住宅は、前年比で−40%。中古
住宅は実に−60%という落ち込みなのです。

2011年の10ヶ月間だけで、不動産仲介業者
の倒産が1000社以上といいますから、月に
100社が倒産している勘定ですね。



中国も人口のピークをやや過ぎました。これから
人口が減る社会では、不動産の価格が下落するのは
当然で、日本やヨーロッパの各国が経験しているこ
とです。中国だけが例外ではあり得ません。

まだ株価への影響はないですが、中国株に投資して
いる人は注意が必要でしょうね。

日本に影響のないことを祈りましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 04:31| Comment(5) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする