2011年11月16日

覚悟の差でしょう

ザッケローニ監督率いる日本代表が、初の敗北を
喫しました。相手はワールドカップ3次予選の相手、
北朝鮮です。

すでに最終予選進出を決めている日本と敗退が確定
している北朝鮮との戦いは、一方的に攻められる試合
になりました。

結果は0対1。



日本人サポーターや報道関係者に制限を加えるなど、
決してフェアとはいえないアウェー戦でしたが、覚悟の
違いが試合結果になったものと思います。

何の覚悟かって?

金総書記が大のサッカー好きという点での覚悟ですね。



まあ、多くの試合をこなすうちには敗北することもある
のですが、姑息な手段を用いる相手だっただけに、勝って
ほしかったですね。

北朝鮮という国には、世界にズルさは通じないことを
身をもって教えなくてはなりません。スポーツでも核
開発でも同じことです。

ただし、北朝鮮が実行した規制についてはFIFAも
警告を行なうようで、今後北朝鮮の国内では対外試合
ができなくなるかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:サッカー 北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 17:08| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。