2011年11月20日

ブータン国王夫妻がもたらしたもの

ブータンという国にはあまり馴染みがありません
でしたが、国王の国会での演説には感銘を受け
ましたね。

震災によって心までをも失いつつある日本人に
生きる道筋を示していただいたように感じます。



しかーし!

馬鹿な閣僚のために、せっかくのムードが台無し
です。その人は、一川防衛大臣。

国王夫妻との晩餐会を欠席したばかりか、同僚
議員のパーティーへは出席して、以下のように
発言した。

「宮中でなにやら催し物があるらしいが、こちら
のほうがよほど大切だ」



ブータン王国は、震災直後にどこの国よりも早く
義援金を贈ってくれました。閣僚として、感謝
の意を述べるのが筋ではないでしょうか。

マルチ商法の山岡大臣もしかりで、野田内閣の
顔ぶれには今更ながら呆れます。



小沢氏を早く復党させないと、民主党はアウト
でしょうね。小沢氏の白黒は別として、民主党
内で国政ができる人は元々小沢氏しかいない
でしょう。

それでダメなら、解散総選挙でしょうね。



でもね、ブータン国王夫妻は、難局に日本の国民
がひとつになることを訴えておられました。

何でも勝手に進めてしまう総理以下、閣僚たちは
演説をどのような姿勢で聴いていたのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 13:07| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする