2011年11月22日

就活が困難な理由

もうすぐ年末を迎えようという時期ですが、来春から働く
場所の決まっていない学生がまだ4割もいるというから驚き
です。

やはり、就職活動は景気に左右されているのでしょうか。



いいえ、景気が悪いと感じているのは庶民レベルの話でして
大企業などは史上空前の利益を上げています。金融業界でも
同様で、利益が労働者に配分されていないだけでしょう。

なので、不況が就活の困難さの理由ではありません。

では、何が原因となっているのでしょうか。



子竜は、大学生のレベルの低下だと感じています。

子竜が高校生の頃は、大学へ進学する者は相当に頭の
良い勉強好きな高校生たちでした。男子でも進学率は
5割以下でしたね。

自分の人生に専門性を見出した者だけが大学へ進学し
大学とは本来そうあるべきものでした。

しかし、今は猫も杓子も。。。



就職内定率が下がったのは、レベルダウンしたからで、
ちゃんとした大学生はとっくに内定しています。

南半球での日没の方角を「東」と答えた大学生が25
%もいるという事実は、小学生以下のレベルを実証
しているのです。

200平米を200メートルX200メートルだと
信じている大学生がいるって現実があるのですね。



現在、大学と同資格の専門学校も含めると、日本には
500校以上もあります。そのうちの何校の名前を
知っていますか。

企業としても、大学卒の給料を払うよりも高卒の給料
で働いてくれたほうがいいに決まっています。

大学卒という肩書きに見合う実力がないと、悲しい
ことに高卒以下の扱いになってしまうのです。

学生さんたちよ、合コンに狂っている場合ではありませんぞ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:就活
posted by 子竜 螢 at 09:56| Comment(5) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。