2011年11月28日

小沢氏怒る

民主党政権が政権交代時のイメージからほど遠くなり、
三人目の野田首相もパッとしませんね。

増税と年金給付開始年齢の引き上げなんて、国民への
重負担を強いるばかりでは当然でしょう。



先日、鹿児島県霧島市で行なわれたパーティーの席上
で、小沢一郎氏が野田政権への批判を述べました。

小沢氏が直面している裁判の行方は行方として、民主党
内では最大派閥の長であり、政権交代の功労者でもある
のですが、現在も党員資格が停止されたままなのです。

要するに、党内の最大実力者が党首になれないところに
民主党の弱さがあるといえましょう。



小沢氏は言う。

国民に負担を求めるよりも先に、行政改革に着手しなく
てはならない、と。

なのに、TPPの参加と増税に意欲を燃やす野田政権。
国民のためというよりも、自分の理想実現のための
政治ですね。



小沢氏の検察審査会による強制起訴は、明らかに政治の
停滞を招いています。鳩山氏の脱税疑惑は起訴されて
いないのですから、誰の意図が働いているのでしょうか。

少なくとも、国益を損ねていることだけは間違いあり
ませんね。2年前に民主党に投票した人は小沢氏の
政治手腕に期待していたはずなのですから。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:小沢一郎
posted by 子竜 螢 at 10:43| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。