2011年12月09日

有終の醜

臨時国会が終了しました。

最後の日となった今日、参議院では2人の
閣僚に対する問責決議案が可決され、今後の
政局に深い影響を残しそうです。



問責されたのは言うまでも無く、一川防衛大臣
と山岡消費者大臣ですが、野田首相には罷免する
気は無く、両名も辞任の意思はないようです。

しかし、法的な拘束力はないにせよ、直近の国政
選挙で選ばれた参議院での議決を無視してよいも
のではないでしょうね。

罷免も辞任もない場合には、野党は来年の通常国会
で審議を拒否するでしょう。院が不適切と判断した
人物が答弁するのはおかしいのです。



でも、どうせならトカゲの尻尾を切るようなことでは
なく、野田首相が衆議院の解散を宣言するのが一番
いいでしょうね。

景気対策と充分な行政改革なしの増税路線は、すでに
民意からは大きく外れていませんか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:問責決議案
posted by 子竜 螢 at 16:22| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。