2011年12月15日

絆を大切に

今年を感じひと文字で表したなら、という
ことで、今年は「絆」が選ばれました。

震災で肉親を亡くし初めて感じた絆の大切
さや、なでしこジャパンのチームワークが
選ばれた理由でしたね。



絆とはどこにいても結ばれているもの。誰
とでも結ばれているものです。

たとえば、偶然に居酒屋で隣り合わせた客
だって、場合によっては仲良くもなり喧嘩
にもなりますよね。

昨夜行った居酒屋で隣合わせた客と談笑し
ながら飲んでいたのですが、途中から様子が
おかしくなりました。



俺ほどの者はいない、と豪語する隣の客が
子竜の職業を「しょうもない」となじった
のです。

さすがに怒りましたね。

たしかに事業を成功させた凄い人なのですが
本当の紳士は自慢話などしませんし、相手を
馬鹿にするような発言はしませんよ。

そして、たまたま隣り合わせ、人生の一部時期
を生きている者同士は、助け合わなくてはいけ
ません。



絆とは、相手を大切に思う気持ちから発生する
単語です。自分さえよければいい、はやがて
破綻するでしょう。

互いに限りある命ですので、絆は大切に。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:
posted by 子竜 螢 at 18:25| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。