2011年12月17日

国の都合で?

厚生年金の65歳支給開始に関して、国が
企業へ希望者は65歳まで雇用するよう呼
びかけています。

企業側にすればとんでもなく迷惑な話で、
国の都合を押し付けられた感じがしている
でしょうね。



本来は逆でしょう。

民間会社で65歳までの雇用が当たり前に
なった時点で支給年齢の引き上げをするべ
きであって、最終的な責任を民間会社に
取らせるなんて、政策でも何でもありません。



その一方で、全国各地に作った保養施設
で大赤字を出した責任やら、投資ファンド
に回した大損失など、責任を取った人が
誰もいないなんて、加入者をも馬鹿にして
います。

旧社会保険庁の杜撰な管理にも、加入者の
怒りが消えたわけではないのです。



こうして失われた10兆円以上と思われる
責任者と犯人を明らかにして、個人財産を
没収してからでない限り、年金の改革なん
てあり得ないと思いませんか。

少なくとも、歴代厚生労働大臣の責任は
追求してほしいですね。

小泉潤一郎? 菅直人? そのほかにも。。。

はい、彼らの管理能力がなかったせいで
支給額は減らされるし支給年齢が引き上げ
られるのですよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:年金
posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(4) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。