2011年12月18日

ウソをついてはいけません

16日、首相官邸で福島第一原子力発電所
の一号機が冷温停止状態に入ったと宣言が
ありました。

着実に回復してるんだなあ、と安心したい
ところですが。。。



しかし、燃料棒が解け落ちて格納容器を
突き破り、コンクリートの中へめり込んで
いるのですから、格納容器内の温度が下がる
のは当たり前です。

マグマ状になってコンクリートと融和して
いる核燃料を冷却する手段が講じられない
限り、ウソの宣言でしかありません。

この宣言に関して、原発を稼動している世界
の各国からも疑問視する報道が数多く発せられて
いるのです。

年内のステップ2達成にこだわるあまり、
ウソまでつくのは感心できません。

コンクリートも突き破るメルトスルーの状態
になるのは時間の問題なのですよ。



メルトスルーになりますと、地下水や海洋
の汚染がさらに深刻なものとなります。

各地で始まった除染だって、結局は除染水
が海へゆくのですから、新たな問題が発生
するだけで、改善されるわけではないのです。



要するに、原発は便利だけども危険な諸刃の剣
でしかなく、エネルギーの主力に据えるべき
ではないでしょう。

確実に言えることは、西日本あたりでもう一度
大きな事故が発生したなら、日本は完全にアウト
だっていうことです。

原発推進論者さんたちは、そのときに責任を
取ってくれるのでしょうかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:46| Comment(2) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする