2011年12月19日

王国の終焉?

たった今、大きなニュースが報じられました。

北朝鮮の独裁者である金正日氏の死去です。



死亡したのは一昨日の午前8時頃とのことで、
地方への巡察に向かう途中、心筋梗塞で倒れた
という。

この人物の死去によって、様々な国際問題に
大きな影響があるのは間違いありません。



核開発と拉致問題は日本にとって重要です。

後継者とされている三男の正恩氏が父親と
同じ路線を進むのか、あるいは、国際社会
への適合を目指すのか、でまったく違った
ものとなるでしょう。



物騒なのは、まだ若い正恩氏では国内勢力
をまとめきれない場合です。

とくに550万名もいる軍部を正恩氏が
ちゃんと掌握できるかといえば、難しい
でしょうね。

尊敬されて心から忠節を誓っていたのでは
ない人の死去だけに、大きな混乱が生じる
可能性はあるでしょう。



日本にとって核開発と拉致問題は重要です。

新たな政権が解決へ努力してくれるものと
今は信じておきましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 13:14| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする