2011年12月20日

消費税の値上げでさらなる円高に

野田首相は財務官僚との結びつきが強い
せいか、国家財政の健全化のみに走って
いるように思えます。

消費税の値上げ構想がそうですね。

しかし、これがどれほど危険な思想なのか
を、為替との関係で説明しましょう。



為替相場は完全な円高です。原因はアメリカ
やEU諸国の財政不安ですよね。

なので、比較的に安全とされる円が買われて
ドルやユーロが売られているわけです。



要するに、為替相場とは他国と比較した結果
であって、自国だけが財政健全化を遂げますと
ますます円高になってしまうのです。

ですから、為替への介入も単独では効果がない
わけで、日本の国債がむしろランクを下げる
ほどになるのがいい。

もっと国債の発行を増やして、消費税を現状
維持しましょう。



えっ、これ以上の赤字国債はダメですって?

いいえ、最後の手段は造幣局の輪転機ですよ。
紙幣をいくらでも印刷して、円安にしちゃい
ましょう。

すると、国内雇用も高まって、未曾有の好景気
になるかもしれませんよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




ラベル:消費税 円高
posted by 子竜 螢 at 13:19| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする