2011年12月28日

差別しているのではありません

昨日の記事について、誤解をされてはなりません
から、補足しておきますね。

在日朝鮮人に対する差別記事ではないか、という
懸念に対する補足です。



昔、日本が半島を併合したとき、日本への渡航
禁止令を無視してたくさんの半島人が日本へ
やってきました。

貧しかったので、日本へ行けば仕事があるだろう
と考えたのでしょう。

しかし、禁止令を犯した人を雇う企業はありません
でしたから、半島人は独自の起業を始めました。

そのほとんどがいわゆる汚れ仕事だったので、日本
人から差別を受けるようになったといいます。



最近、2世までしか滞在を認めない韓国との協定
が見直されまして、3世以降も希望者は日本に
滞在できるようになっています。

しかし、そもそもが強制的に日本へ連行したわけ
ではありませんから、帰る、という選択肢もある
わけでして、外国での住まいが合わないのでしたら
無理に居続ける必要なんてないという意味でした。



でもね、子竜が小学生の頃に、在日の男の子が
同級生にいまして、いつも仲良く遊んでいました。

後年、その妹さんと同じ会社で働くことになったり
行きつけのうどん屋のマスターが在日の人だったり
で、子竜自身は差別なんてすることなく過ごして
います。

昨日の記事はあくまでも反日的な人のことを書いた
のであって、差別するつもりはありません。



ただ、日本に住んでいる限りは、反日ではなく
日本人として生きてください。コリアの誇りり
ほうが大切なのでしたら、帰って好きなだけ
反日運動をしてください。

それが、ふたつの祖国という悩みの唯一の解決
方法だと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お歳暮にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:在日朝鮮人
posted by 子竜 螢 at 02:22| Comment(3) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。