2012年01月05日

またも冤罪?

小沢一郎氏の秘書を取り調べた東京地検の
検事が、捜査報告書に史実とは異なる記載
をしたことを認めました。

またしても検察による冤罪誘導です。

これで小沢氏の無罪確定はほぼ確実になる
ものと思われますが、4億円に上る不動産
の購入資金の流れは不透明なままですね。



しかし、仮にその点で有罪に相当するとし
ても、誰かに迷惑をかけた事件ではなく、
政治家がそんなこまでやっていいのか、と
いうモラル規定に違反した程度のこと。

要するに、被害者がいない事件なのです。



むしろ、小沢氏が党員資格を停止されている
ことによる国民の不利益は膨大なものでしょう。

なぜなら、民主党を作ったのは小沢氏の力量
であり、政権交代が実現したのです。

もしも党員資格を停止されていなかったら、
鳩山氏の次には小沢総理が誕生していたはず
で、菅時代の迷走も野田政権の独断もなかった
でしょう。



党内で最大派閥を抱える小沢氏でダメなら、
そのときこそ民主党政権を見捨てるしかあり
ませんが、民主党のマニフェストをまとめた
本人ですので、実現に向けた努力はしてくれ
るものと期待しています。

やると言っていたことをやれないくせに、や
らないと言っていたことを勝手に進める野田
政権よりも、よほどいい。



検察審査会へ提訴した人々は、早く訴えを
取り下げるべきだと思いませんか。

個人的な怒りはわかりますが、国民全体のこと
も考えてほしいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お年始にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 23:08| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。