2012年01月12日

武道必須化への提言

来年度から中学校で武道が必須化されます。
子竜たちの頃は男子だけだったのですが、
今回の改訂では女子も必須化の対象になって
います。

この問題に関するネット上での意見を収集して
みたのですが、賛否はほぼ半々にわかれている
ようですね。

賛成している人は、現代の若者のの軟弱さを
憂慮していますし、反対派は事故の心配から
憂慮する意見を述べています。



子竜が中学生だった頃は、週に1時間でした。
体育の時間とは別に、格技、という授業でした
ので、それなりに基本も学べてよかったという
思いがあります。

しかし、今回の改訂は年に10時間ほどですので
意味があるのかどうかは疑問ですね。

たとえば柔道を選択した場合ですが、受身の
練習を徹底的にやらないと、事故は確実です。



そこで提言なのですが、武道を本格的にやり
たい子は部活動に参加して、授業では護身術
を学ばせてはどうでしょうか。

相手を攻撃する技ではない護身術でしたら、
変質者の多くなった現代こそ必須にすべき
だと考えます。

なまじっかの武道を知っているために悪人に
立ち向かうよりも、護身術で相手を一旦除け
た後、全速力で逃げるほうが安全なのです。

あなたはどう思われますか?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。お年始にどうぞ
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 11:27| Comment(4) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。