2012年01月13日

何のための内閣改造?

野田佳彦首相が内閣の改造に踏み切ったのは
参議院での問責決議案を意識してのことだろ
うと思います。

一川防衛大臣と山岡消費者大臣のことですね。



とすると、自公勢力へ相当配慮したことになる
のですが、そこまでしてでも消費税をアップ
したいのでしょう。

国民の生活よりも国家財政を優先させるなんて
まるで社会主義国家の発想ですね。

税収をアップするには、民間の経済活動を活発
にする相応の経済対策を予算に盛り込まなくては
なりません。

しかるに、国会議員の定数削減や国家公務員の
給与削減などと、セットにすべき対象も間違って
いませんか。

来年度予算に、大幅な景気対策費が根盛り込まれて
いるのでしょうか。



社会主義の発想では、いくら大臣の顔ぶれを変えて
みたところで結果は同じでしょう。

マニフェスト違反の消費税アップをするのなら、
内閣の改造ではなくて解散総選挙が正しく、野田
政権最後の仕事にふさわしくはないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:野田内閣
posted by 子竜 螢 at 12:36| Comment(6) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。