2012年01月16日

消費増税で税収が減る

野田政権が強く掲げている政策が、国の
財政基盤と社会保障の安定を目指すため
の消費税アップです。

しかし、かつて3%から5%へと引き上げ
られて以来、国の税収は年々減り続けて
いるのです。

消費者もバカではありませんから、駆け込み
需要のあとは緊縮家計へ移行したのですね。



今回の内閣改造は、一川・山岡両大臣の
事実上の更迭だったのですが、内閣支持
率は横ばいでした。

新首相が誕生したときに支持率は最高を
記録して、その後は徐々に下がるのが
普通ですが、内閣改造を行ったときには
一時的に上がるものでした。

しかるに、今回の改造は国民の支持を
得られなかったようです。



税率を上げれば税収が増える?

そんな算数レベルでの発想では、当然
でしょうね。

税収を上げるには、国民の所得を増やす
しかないのです。経済対策をやらないで
税収が増えるわけはありません。



また、使い道の無駄も完全に排除された
とは言い難く、事業仕分けでNOと結論
された事業を再開するのにも納得できま
せんね。

これまで無駄遣いをした役人を罰した
例はあったでしょうか。そういう方向
を国民が期待して民主党に投票したの
ではなかったのですか!

なのに、少しもやらないで別の方向から
税収アップを図ろうとする現内閣は、改造
なんかよりも総辞職をすべきです。

マニフェスト違反を国民は許しませんよ!


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 14:01| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。