2012年01月27日

呆れた答弁

野田首相の施政方針演説に対して、自民党の
谷垣総裁がマニフェスト違反の消費増税を
やるなら、解散総選挙で民意を問え、と代表
質問で迫りました。

問題は、野田首相の答弁です。

あらためて呆れました。財務官僚の言いなり
なので、まるで筋が通っていない。

筋とは、礼節の筋のことです。



答弁で野田首相は、こう言いました。

消費税の値上げの時期は現衆議院議員の任期
後のことであるから、当然総選挙で民意を問う
ことになるし、自分の首相在任中に引き上げる
のでもないので、マニフェスト違反にはあたら
ない。



なんという無礼な政策なのでしょうか。

それならば、総選挙後に新しい議員と内閣と
で増税論議をすべきであって、将来の内閣に
政策を押し付けようとしているのです。

もしも次期政権が徹底的な無駄省きをして
増税の必要なしという主義であったなら、
今やっていることこそ無駄以外の何物でも
ありませんね。

現政権は現政権でやるべきことをやってくだ
さいな。次の政権に政策を押し付ける真似は
筋を外していませんか。



早くも10%では足りないなどという意見
まで出てきています。無駄を省いた上で本当
に消費税の引き上げが必要なのであれば賛成
することもやぶさかではありません。

野田内閣がすべきことは、徹底的な無駄の
排除ではないですか。民主党のマニフェスト
にもそう書いてありますよ。

それでも増税が必要かどうかを判断するのは
次期政権の役割です。野田氏の役目ではあり
ません。



子竜は人を批判するのを好みませんが、当
ブログが辛口になったのは野田氏が首相に
なってからで、菅氏の頃まではむしろ庇って
きたつもりです。

野田首相に限らず、政治家はとくに礼節を
重んじていただきたいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:代表質問
posted by 子竜 螢 at 07:07| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする