2012年01月28日

馬の馬糞

業界用語に「馬の馬糞」というものがあります。

ダブり表現のことを指して戒めているのですが
単に「馬糞」と書くだけでよいですよね。



汚い言葉でもうしわけありませんでしたが、子竜
もこれと似たような表現を使ってしまったことが
ありました。

「毎日の日課」

ずっと昔の本に出てきます。記憶力のいい読者
なら、あれっ? と思い出していただけたかも
しれません。



ダブり表現は文章に対する感性が未熟だと判断
されまして、文学賞の選考では大汚点となります
ので気をつけましょう。

もちろん、喋るときにも注意してくださいね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:小説の書き方
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(4) | 小説の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。