2012年01月29日

政界の再編成はあるのか?

国民新党の亀井代表が石原都知事に接近し、
大阪の橋下市長の維新の会や立ち上がれ日本
などとの提携を模索しているらしい。

森元首相などは、それが実現すれば民主から
も自民からも参加する議員が数多く出てくる
などと言っておりますが。。。



たしかに、マニフェストの実行公約を守らない
民主党はすでに終わっていますが、ずっと官僚
任せの政治をしてきた自民党に今更政権を戻す
のにも問題がある。

かといって、小政党の乱立では何も決まらない。

う〜ん、解散総選挙があったとしても、どの党
に投票してよいのか迷ってしまいますね。



そこで望まれているのが政界の再編成です。
一番可能性の高いのは小沢新党でしょうか。

ただし、小沢氏と提携したいという党や議員は
少ないでしょうから、求心力にはなりません。

やはり、民主と自民の中からまともな議員たち
が合同することこそ国民が望んでいる形ではな
いかと思うのです。

そうすると、乱立していた小政党も合体に動く
ことになりそうです。



問題は、どういう政策での一致による合併なの
かですが、国民の側から申しますと、景気と雇用
に重点を置いた政策の一致が望ましいと思います。

ともあれ、今国会が無事に終了するとは思えません
ので、何らかの動きはあるでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:政界再編成
posted by 子竜 螢 at 01:49| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。