2012年02月14日

義理チョコならいりません

義理という言葉は本来良い意味で使う
ものですが、義理チョコに関しては、
「仕方なく」とか「ついでに」などの
気持ちが含まれているように思えて
なりません。



バレンタインデーですね。

最近では友人同士とか男性からのチョコ
も増えているらしい。

男性同士のチョコっていうのは、ちょっと
不気味な感じもしますが、まあ、菓子メー
カーがうまく煽っているからなのでしょう。



恵方巻きもそうですが、日本人はイベント
が好きなのですね。クリスチャンでもない
くせに、クリスマスを楽しみます。

カップルの間では〇〇記念日というのに
こだわるようになり、交際一周年記念日
なんて当たり前になっています。



戦後のある時期まで、日本人は遊び下手
でした。復興が急務で遊びを考える暇な
どなかったのでしょう。

バレンタインデーは国が豊かになるにつれ
て普及しました。友チョコにまで発展した
のは、豊かさの絶頂期だからかもしれません。



しかし、子竜に義理チョコは不要です。

なぜなら、一ヵ月後のホワイトデーが怖い。
何かプレゼントさせようと企む女性はお断り
です。

本命チョコのみ受け付けております。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:59| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。