2012年02月17日

拉致問題の解決方法

国会中継の軍事防衛に関する集中審議
を見ていたら、ふと思いつきました。

拉致事件は解決に向けて伸展する様子
もなく、北朝鮮の指導者が変わってか
らは逆に後退した感すらあります。



アメリカならば即座に宣戦布告するほど
の人権と主権の侵害なのですが、専守
防衛が憲法で定められている日本には
軍事力による解決はできません。

そこで、画期的とも思える解決策の登場
です。自画自賛的でもうしわけありませ
んが、まあ、最後まで読んでくださいませ。



拉致されたと確定している人や特定失踪
の人たちを、アメリカに頼んでアメリカ
の国籍を特別に取得しましょう。

これまで北朝鮮に捕らえられたアメリカ
人同様に、カーター特使やクリントン
特使が行けば万事解決です。

北朝鮮側にしても、アメリカ人を拉致した
ままでは背筋が寒いでしょう。若い後継者
の新体制ゆえに通用すると思いませんか。



アメリカに借りを作るのは考えものですが、
家族が高齢化している現状では、なりふり
構わない方法もアリではないでしょうか。

北朝鮮との直接対話や中国を仲介させるのは
相手の思うツボでしょう。アメリカに頼む
よりも大きな代償が待っている気がしてなり
ません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:北朝鮮 拉致問題
posted by 子竜 螢 at 17:28| Comment(6) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする