2012年02月21日

死刑廃止論は正論か?

山口県光市の事件に終止符が打たれました。
当時18歳の犯人に死刑が確定です。

この最高裁の判断によってネット上では
死刑に対する考えが咲き乱れています。



執行前の死刑囚が122人という異常事態
もさることながら、少年法の見直し論まで
が登場して、いかに注目されていた事件な
のかがわかります。

ちょっと変わった意見としては、死刑を
廃止すると敵討ちが増えるのではないかと
いう懸念でした。

たしかに、死刑を廃止した国では仇討ち的
な殺人が増えているようで、遺族の心情と
しては理解できます。

国が制裁を加えないから敵討ちに及んで
新たな犯罪者を作り出している面は否定
できないでしょう。



そして、今もっとも注目されているのが
オウム真理教の元教祖の死刑執行ですね。

年末に高橋容疑者が自首したことで、また
延期されるのでしょうか。

それとも、法務大臣がテロ報復を恐れて
ハンコを押さないのでしょうか。

法律どおりに執行しない法務大臣への罰則
がないのも変な話ですが、現行法に死刑が
る以上、規定どおりに執行するべきだと
思います。

また、死刑廃止論者を法務大臣に任命する
ことや就任することも間違っています。

廃止論者はまず、法案を国会に提出してくだ
さい。それが法治国家での筋というものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:死刑廃止論
posted by 子竜 螢 at 22:58| Comment(3) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする