2012年02月22日

言葉と違う政策です 2

以前に、「税と社会保障の一体改革」に
ついて述べました。

わかりにくいという指摘がありましたの
で、詳しく述べることにしましょう。



「税と社会保障の一体改革」と表現すると
「税の一体改革」と「社会保障の一体改革」
という意味になります。

消費税のみならず、所得税の累進性や宗教
法人への不公平税制などを改革するのが
「税の一体改革」

「社会保障の一体改革」は、3つの年金の
統合や世代間の不公平是正などです。



しかし、野田政権がやろうとしているのは
「税と社会保障との一体改革」ですね。

ふたつのことをセットとしてやろうとして
いるらしいのですが、なぜセットにするの
かわかりません。

それぞれ共に重要な課題であり、セットに
すべき部分とそうでない部分とが混在する
からなのです。

たとえば、宗教法人に対する課税ですが、
保育園などの非営利とみなされるものも
非課税だったり、駐車場経営も2割もが
控除されるのでは、民間の保育園や駐車
場経営者は怒ります。

また、増税の機運の中で、法人税だけは
逆に減税になっているなど、消費税とは
関係のない部分はたくさんあって、改革
を必要としているのです。



「税金」と「社会保障」という大きな
テーマをセットにしていることで、何も
決まらないままにはならないでしょうか。

むしろ、細部にまでメスを入れようとする
ならば、個別に考えなくてはならないので
はと思います。



ともあれ、難題をふたつ一緒に解決しよう
なんてことは、政治に素人の子竜でも考え
ませんね。

ひとつひとつでも与野党の合意は難しいの
ですから、取り組む以前から挫折している
といってもいいでしょう。



民主党内の半数が反対している消費税法案
にまだこだわっている野田首相は、さっさと
諦めて震災の復興に全力を挙げてくださいな。

任期中に引き上げないと明言しているのです
から、今すぐに議論する必要はないと思い
ますよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 18:33| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。